2010年05月28日

<姫路独協大>法科大学院の廃止決定 在籍者の修了後(毎日新聞)

 兵庫県姫路市の姫路独協大を運営する学校法人「独協学園」(埼玉県草加市)は27日、理事会を開き、同大学法科大学院の来年度以降の学生募集を停止し、在籍する17人の修了を待って法科大学院を廃止することを決めた。04年度に法科大学院制度が始まって以来、全国74校で初の撤退となる。

 26日に教授会が廃止の方針を決めたのを受け、理事会で正式決定した。同大学法科大学院は04年度の開学以降、新司法試験合格者が全国最少の計3人にとどまり、入学者も低迷。中央教育審議会の特別委から改善を求められていたが、今年1月の入試でも合格者がゼロで、運営継続が難しい状況になっていた。

 法科大学院は各地で乱立気味で、「質の低下」が指摘されている。学校間の新司法試験合格率の差が激しく、一部の法科大学院は優秀な教員や学生の確保に苦心している。法科大学院の「少数精鋭化」を目指す中教審は今年1月、姫路独協大など14校に「抜本的改革が必要」と指摘し、募集定員の削減や入試の厳格化などを要請していた。【久野洋】

【関連ニュース】
受験英語:上智大、実践英語検定が目指すもの
特集ワイド:2010この現実 大学生/下 白井克彦さん
特集ワイド:2010この現実 大学生/上 呉智英さん
参院選’10千葉:「鳩山君に続けてほしい」 渡部氏、軽妙な語りで政局解説 /千葉
佐野日大中、大学受験態勢強化 県内初の中等教育学校 /栃木

<自然保護>動物の着ぐるみ姿でパレード 大阪(毎日新聞)
国家公務員の新規採用39%減=11年度、半減目標達成できず―政府(時事通信)
織田作之助「二十歳」 京都・さくら井屋 画学生のデザイン絵封筒に(産経新聞)
建設弘済会など検証=公益法人仕分け3日目―刷新会議(時事通信)
普天間 辺野古移設 またアメとムチ、裏切りに沖縄怒り(毎日新聞)
posted by コシバ シンイチ at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。